パッとしない!?集合写真を上手に撮るコツ!

無表情でシャッターを切っていませんか?

学校で行事があると集合写真撮る機会結構ありますよね。順序よく並んで「はい、撮ります!ハイチーズ」と事務的に撮っていませんか?カメラマンに依頼して撮って貰うのと比べるといまいちパッとしませんよね。何が物足りないのか、答えは簡単です。笑顔ですよ!被写体になっている子供たちの顔無表情ではないですか?あとから見てもおもしろくないですよね。子供たちの笑顔や自然な表情をおさめることが何よりも大事です。カメラをかまえながら、冗談を言って笑わせたり会話をしながら撮ることでいつもの写真とは違った1枚になりますよ!

並び方を変えてみよう!

集合写真の定番の並び方といえば、横一直線ですよね。横一直線は、きれいに並べているしまとまっている感はありますね。でも、おもしろ味には欠けますよね。横一列に並んでいるので奥行がないので立体感がありません。そこで、隣の人と前後でずれて並んでみましょう。立体感が出て、リズム感も生まれます。多い人数の場合は、前の人と顔がかぶらないように前の人の顔と顔の間に自分の顔がくるようにずれて並ぶようにするといいですね。

正面ではなく高い位置から撮ってみよう!

もし、高い位置から写真を撮影することができるのなら高い位置から撮影しましょう!上から写真を撮ることによって、顔を一番手前に撮影をすることができます。より、子供たちの表情を写真におさめることができますね!正面だと全体がバランスよく写りますが、子供たちには顔を中心に持って行ったほうが写真が映えるし、一味違った集合写真を撮ることができますね。上から撮る時は、バランスよく並ぶとより立体感が出ます。あとは、笑顔の写真を撮ってあげましょう!

スクールフォトとは、学校や幼稚園の行事などの写真をインターネットで展示と販売をするサービスのことです。