手作り感のある結婚式! それが家族婚です!

家族婚の基本スタイルとは?

家族婚という結婚式をご存じでしょうか。比較的シンプルな結婚式のスタイルで、新郎新婦のほかには両親と親族、ごく親しい友人が出席者となります。一般的な結婚式(披露宴)と比較すると、「身内の食事会」という雰囲気が強いかもしれません。招待する側・される側という区別があいまいな、堅苦しさのない結婚式です。決まった形式はなく、新郎新婦が望む形式で自由に企画できます。挙式と食事がよくあるパターンとして知られています。

会場の選択肢は豊富です

出席者の人数が少なめであることが家族婚の特徴のひとつです。そのため、会場選びは選択肢が豊富です。一般的な結婚式のように、大型ホテルを利用してもかまいません。ホテル側も小規模なパーティーのための部屋を用意しています。また、挙式では(ホテルなどにある)チャペルや神社を利用して、そのあとの食事は近くのレストランに場所を移してもかまいません。必ずしも宗教関係者の協力を得る必要はないので、最初からレストランや新郎新婦どちらかの実家などに集まってもいいのです。自由にスタイルを選べることが家族婚の最大のメリットです。

ここだけは気をつけたいポイントがあります

いろいろと自由に企画できることが家族婚の良さです。どのようなスタイルであれ、最低限注意したいことがあります。それは結婚の事実を関係者に伝えることが大切だということです。単純な食事会にならないように、少なくとも新郎からのあいさつはきちんと行ってください。また、新郎新婦をそれぞれの家族に知ってもらえるように配慮しましょう。短い時間で親しくなるのは無理がありますが、新郎新婦の顔と名前くらいは覚えてもらえるようにしたいものです。

二人の幸せのスタートの結婚式は大切です。大切な式だから、しがらみや義理などのない家族婚で、本当に大切な家族だけにお祝いしてもらえます。